2010年03月31日

10人の原爆症申請却下取り消し=甲状腺機能高進症を初認定−東京地裁(時事通信)

 被爆者援護法に基づく原爆症の認定申請を国が却下したのは違法として、東京都に住む被爆者らが国に処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、甲状腺機能高進症の患者を初めて原爆症と認めるなど、新たに10人について国の却下処分を取り消した。
 八木一洋裁判長は、甲状腺機能低下症が既に原爆症として認定されている以上、共通性のある甲状腺機能高進症について別の判断をすべきではないとした。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性
原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決

日本鋼管病院が診療報酬1億5千万分を過大請求か 常勤看護師数を水増し(産経新聞)
足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)
遺族ら169人が少年審判傍聴=制度開始から1年で−最高裁(時事通信)
党と意思疎通図る=鳩山首相(時事通信)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取
posted by イセキ シゲハル at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

5ダムの本体着工容認=計画通り補助金配分−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は26日の記者会見で、国の補助ダムについて、「先週までに各県議会の議決を経て本体工事の契約が行われた事業は、計画通り(2010年度の)補助金を配分する」と述べ、浅川ダム(長野県)など5事業は建設の可否を検証する対象から外し、本体着工を認める意向を明らかにした。
 5事業は浅川ダムのほか、内海ダム(香川県)、路木ダム(熊本県)、与布土ダム(兵庫県)、野間川生活貯水池(広島県)。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を(産経新聞)
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審、18年ぶり名誉回復−宇都宮地裁(時事通信)
posted by イセキ シゲハル at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職(産経新聞)

 担任している学級の男子児童の下腹部を触ったとして、横浜市教育委員会は26日、同市立小学校に勤務する40代の男性教諭を懲戒免職とした。

 市教委によると、教諭は平成20年度から今年2月までに計4回、授業時間中などに男子児童に対し、体育用の短パンが窮屈そうだと指摘しながら下腹部に触れた。このうち2回は、下着の中に手を入れ、下腹部に直接触れたという。今月4日、男児の母親が養護教諭に相談して発覚した。

 男性教諭は、大きい体育着に替えた方がいいと助言したと説明し、わいせつ目的を否定しているという。

 市教委は男児のプライバシー保護のため教諭の氏名を公表しなかった。市教委によると、男児は「先生と2人きりになるのは怖い」と話しているという。

 横浜市で今年度、わいせつやセクハラ行為による教員の懲戒免職は7件目になる。

【関連記事】
「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕
わいせつ行為の教諭免職 生徒2人の胸触る
教え子10人被害、強姦の元教諭に二審も懲役30年
わいせつ画像の元教諭を再逮捕 「行為」認める
忘年会帰りに…強制わいせつ容疑で教諭逮捕

自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件−福岡県警(時事通信)
タオル覆面の金髪男、コンビニで4万円奪い逃走(読売新聞)
総務省の介入は「遺憾」 清瀬市の女子生徒自殺報道で民放連会長(産経新聞)
<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
あす拉致被害者支援決議へ (産経新聞)
posted by イセキ シゲハル at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。