2010年02月16日

消費税「常時議論を」=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は14日午後、菅直人副総理兼財務相が消費税を含む税制抜本改革の論議を3月から始めると表明したことについて、「常時議論すべきだと言っている」と述べ、早期に検討すべきだとの考えを改めて強調した。
 消費税引き上げの結論を出す時期については「消費税問題は年金、医療、介護をどこまで提供するのかと関係するわけだから、そう簡単な話ではない」と明言を避けた。新潟県上越市で記者団に語った。 

接種率見て経過措置の議論再開を―日本脳炎小委(医療介護CBニュース)
“持ちネタ”で喝采 知事が見せた外交術とは(産経新聞)
<普天間移設>シュワブ陸上部、国民新党が提案へ(毎日新聞)
普天間移設「受け入れは困難」…グアム知事(読売新聞)
刷新相に仕分け人、反転攻勢の“カンフル剤”(読売新聞)
posted by イセキ シゲハル at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。